TOPg-cubedって何メインギャラリーTシャツセレクト40ライセンス契約は

PH-0016#1a

鳥の少年の頭部
フランス、リヴィエラ海岸は心憎いほどの美しさ。コート・ダ・ジュールと呼ばれるだけあって、地中海のエメラルドの海と紺碧の青空、そして糸杉はパリの印象派のアーチストたちを有頂天にした筈。マチス、ピカソ、デュフィたちが次々と移り住みます。ピカソは1946年アンティーブに戻り、グリマルディ宮殿をアトリエとして制作します。この変哲もない石は、アンティーブの海岸の石。散歩好きのピカソが、フランソワーズと一緒に海岸で蹴りあった石かもしれない。その石に鳥の頭の少年を描いてみました。「拾った石に描く」シリーズ第一作目です。

鳥の少年の頭部