TOPg-cubedって何メインギャラリーTシャツセレクト40ライセンス契約は

PH-0007

Death in the Afternoon
一人旅の好きな人なら誰しも、一度はアーネスト・ヘミングウェイを読んだでしょう。『回想のパリ』、『日はまた昇る』、『武器よさらば』、『海流の中の島々』、そして、『午後の死』・・・。良く考えてみますと、ほとんどを映画で見ていて、そう、『誰がために鐘は鳴る』もネ。じつは、文字でチャンと読んだのは『午後の死」だけ。これは、スペイン闘牛研究のバイブルとも言えるヘミングウェイの快作です。

Death in the Afternoon