← トップに戻る
デザインを始めたころは特に装丁をやろうと思っていなかった私が、装丁デザインのおもしろさを知ったのは写真家前田真三先生の写真集「一木一草」を手がけたのがきっかけでした。以前から美しい本にはこだわっていましたので、頼まれると断る理由もなく、それ以来楽しく仕事をさせていただいております。
装丁の世界は著者や作品の内容と対話を重ねながら、その著者に敬意を払いつつ、イメージや作品に内在する「人格」までも窺い、それにふさわしい晴れ着を誂えてあげることだと思っています。もちろん眠っているなにかを引き出すこともあれば、時には格闘も挑みます。しかし喋りすぎても、寡黙でありすぎてもいけません。意味なく表現過剰であってもいけないし、品格や風格が乏しいのもいけないと思います。
>> 前田真三の本
>> 竹内敏信の本
>> 三澤憲司の本
>> 牧 直視の本
>> 藤森 武の本
>> 紅書房の本
>> 現代邦楽研究所の本
>> ビクターエンタテインメントの CDブックレットデザイン
>> 角川春樹事務所の本